ジュニスターサッカースクールが運動場に新しい夜間照明設備を設置してくれました!


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 昨年夏から当校運動場で週二回開かれている「ジュニスターサッカースクール」。
チェーサムハッキョ卒業生でサッカー共和国代表 安英学選手が
代表となっているサッカー教室です。
「子供たち(ジュニア)」が夢と希望を抱いて「星(スター)」のようにキラキラ輝けるように-
という安ヨンハク選手の望みを込めた名称です。
毎週月曜日と木曜日の放課後、
ハッキョの運動場に集まって、数名のコーチたちの指導のもと
児童たちが練習に励んでいます。
 
夏の間は日が長く、6時を過ぎても辺りは明るいのですが、
冬になると4時半過ぎには暗くなり、5時には運動場は真っ暗になってしまいます。
簡易照明灯を設置していましたが、
放熱量が多いため長時間の使用には適さず、電気代もかかるということで
代わりの照明を模索していたところ
この度ジュニスターサッカースクールの厚意により、
新しい白熱灯が運動場の2か所(両側ゴールの上方)に設置されました! 
これで、より安全にそして日暮れ後も心置きなくサッカーの練習に励めるようになりました。
夢と希望で輝く子供たちをやさしく照らしてくれる
チェーサムの先輩たちの愛情こもった照明設備。
ハッキョにお越しの際は、ぜひ運動場に足を運んで見てださいね。
 
※ジュニスターサッカースクールは随時スクール生を募集しています。
 

ページ上部に戻る