作文コンクールの結果が出ました

毎年全校生徒が応募する「ドラえもん大賞 全国作文コンクール」の結果が発表されました。
 
この作文コンクールは小学館とドラゼミの共催によるもので、
当校では日本語教育の一環で取り組んでいます。
 
このコンクールでは毎年作文のテーマが出され、子供達はそのテーマに沿って作文を書きます。
今年のテーマは「びっくり!」
自分や家族、ともだちがびっくりしたことを題材に書かれた作文が
日本全国のみならず海外からも寄せられました。
その中で当校では5名の生徒が入賞しました!
 
3年生で 陰山賞  鄭 大悟 「コバエでびっくり」
      宮川賞  李 花仁 「もらったブルーザリガニでびっくり」
 
4年生で 陰山賞  鄭 大輝 「ぼくの大切な弟」
      宮川賞  禹 悠真 「妹」
      宮川賞 小槌 小謡 「ねこ」    
 
また当校では、同じく日本語の授業で学んだ俳句の知識を活かして
3年生と6年生が俳句を作り、
その自作の俳句を炎天寺(足立区)一茶俳句まつりに応募する活動も行っています。
今年は3年生の盧 香鈴の俳句が入選しました。
 
 
 

ページ上部に戻る