今年のバザーを振り返って・・・

10月27日、台風一過の青空の下で開催された
今年のアンニョンフェスタ(第三バザー)。
盛り上がった8月の夜会を凌ぐ楽しいバザーにしようと、
8月末から準備にとりかかり
去年までに蓄積されたすべての経験とデータを駆使して、
よりよいバザーを目指しました。
 
そんな中、今回のバザーでは
大型企画「URIHIMプロジェクト」を打ち上げました。
これは、今年のバザーだけではなく
2年後のチェーサムハッキョ70周年を見据えて
私たちのハッキョへの想いをもう一度見つめなおし、
あらためてじっくり成長させていく熟成型(?)の
企画にしようと考えました。
 
その第一弾が、「飲んで!めくって!!校舎を完成させよう!!!」という企画。
 
以前お見せしたこのイベントボード。
飲んだビールの缶底に書かれた数字を
どんどんめくっていくと
なにかが表れてくる…というもの。
バザー当日、おかげさまで数字の札は全部
めくられて、表れたのがこれ!↓
今の校舎の前で仲良く手をつなぐチェサミとミレ。
入学式の立て看板には「2015学年度」の文字が。
そう、これは70周年のメモリアルイヤーに入学する新入生たちなのです。
ウリハッキョをとりまく情勢は依然厳しく、
今後2年間だって決して穏やかな道のりではないかもしれません。
それでも私たちはハッキョを守り、民族教育を続けていくんだという
強い意志を表現しました。
 
ポロシャツといい、この企画といい、参加している方々に
楽しみながらURIHIMを集めて、もっと大きなURIHIMを生んでいきたい。
そんなキモチを込めました。
 
バザーにおいて拙い運営や失敗もありましたが、それも全部糧にして
私たちはまだまだ進化していきます。
これからもチェーサムハッキョを愛し、見守ってくださいますよう
お願いいたします。
 
 
 
 

ページ上部に戻る